【川崎区】不動産売却前に要チェック!「つなぎ融資」のメリット・デメリットとは?|株式会社アイナハウジング

query_builder 2022/07/12
土地戸建てマンション相続離婚
不動産売却前に要チェック!「つなぎ融資」のメリット・デメリットとは?


注文住宅の完成前に必要な資金調達や、新しい家を購入してから現在住んでいる家を売るスムーズな住み替えのために利用できるつなぎ融資。
短期間のつなぎ融資とはいえ、大金が伴うローンですから便利な反面、デメリットもつきものです。
まずは、つなぎ融資の仕組みやリスクをきちんと把握したうえで、利用するかどうか検討することをおすすめします。

弊社へのお問い合わせはこちら

そもそもつなぎ融資って具体的にどんなときに利用できる?

「つなぎ融資」とは、限られた期間の資金調達に利用できるローンのことです。
つなぎ融資を利用する例として、以下の2つの場合が考えられます。

①新たに住宅を購入する場合
注文住宅完成後に住宅ローンを設定することを前提に、事前に住宅ローンの中からつなぎ融資をしてもらい、住宅完成前に必要となる着手金や中間金などに充てる。

②不動産の売却・購入による住み替えの場合
手持ちの不動産売却とともに住み替えを行うとき、不動産の売却が成立するまでの間、新しい不動産を先行して購入し、その資金をつなぎ融資でまかなう。
この場合、今住んでいる住宅の売却予想額の70~80%程度を先に借りて、不動産が売却できたら一括で返済するのが一般的です。

不動産購入・売却に伴うつなぎ融資のメリットとデメリット

今回は、上記の中でも特に②の場合のメリットとデメリットを見てみましょう。
住み替えの場合、「買い先行」と「売り先行」の2通りがあり、特に「買い先行」だと「現在の住居に住みながら物件をゆっくり探せる」「引っ越し後のきれいな家を内覧してもらえる」などのメリットがあります。
つなぎ融資は「買い先行」を選択した場合、とても有効な短期利用のローンです。
「買い先行」に伴うつなぎ融資には、上記のようなメリットがあることが分かりましたが、デメリットはどうでしょうか?
それはズバリ、売却予定の不動産が計画通りに売れなかった場合に発生する損失です。
つなぎ融資の契約上、売却予定の不動産が売れなかった場合は不動産会社の買取となりますが、その場合の買取価格は市場価格の70%程度が相場です。
そうなると予定売却額を大きく下回ることになるので、売り主としては多大な損失を負うことになります。


まとめ

結論として、つなぎ融資の利用に向いているケースは、駅チカや築浅、ブランド力があるなど、売りに出す物件が魅力的ですぐに売れる根拠がある場合です。
自分で判断がつかない場合は、不動産会社に相談して査定をしてもらいましょう。
その際に、自分のケースでつなぎ融資がおすすめかどうか聞いてみるのもいいですね。
アイナハウジングでは、JR川崎駅周辺の新築一戸建て・建売住宅をご紹介しております。
マイホーム検討中の住宅ローンに関するご相談も、ぜひ当社までお問い合わせください。
住まいをお探しの方はこちらをクリック↓

弊社へのお問い合わせはこちら



----------------------------------------------------------------------

株式会社アイナハウジング

住所:神奈川県川崎市川崎区貝塚2-5-18

電話番号:044-230-0480

----------------------------------------------------------------------