【川崎区】不動産売却の長期化におけるデメリットや対処法などを解説|株式会社アイナハウジング

query_builder 2023/04/02
土地戸建てマンション相続離婚
336552_1_0_0_1

不動産が売れるまでには少し時間を要するのが一般的なので、買い手がつくのを気長に待とうとお考えの方もいらっしゃるのではないでしょうか。
それもひとつの方法ではあるものの、売却にあたってはスピードも重要であり、あまりに時間がかかると売主が損をすることもあります。
そこで今回は、不動産売却の長期化におけるデメリットや対処法を解説します。


ご売却のご相談はこちらをクリック↓


♪ご売却のご相談はこちら♪

不動産売却の長期化で発生するデメリットとは

不動産売却が長期化すると、売り出している物件の資産価値が当初より下がるデメリットがあります。
もともと誰も使っていない建物や、すでに売主が退去して空き家になった物件でも同じです。
建物は時間の経過による劣化が避けられないからです。
ゆえに不動産を売り出してから長い時間が経つと資産価値が当初より目減りし、値段にも影響します。
売り出し当初に見込んでいた価格では売れなくなることもあり、売却益も減ってしまうのです。
さらに、買い手がついて引き渡しが終わるまでは、売主は不動産の維持費用を負担しないといけません。
不動産を売り物とする以上は清掃などの定期的な手入れが求められるほか、所有しているだけで税金もかかります。
販売活動が長期化すると維持費用がいつまでも発生し続け、結果的に売却益も減ってしまいます。
このほか、購入希望者が現れた際には、内見などに応じないといけません。
売却が長期化すると、これらの手続きの手間が負担となるデメリットもあるのでご注意ください。

不動産売却の長期化を避けるための対処法とは

不動産をできるだけ早く売却するための対処法としては、適正な価格設定をすることが挙げられます。
誰しも割高なものは買いたくないので、不動産でも買主が納得できる値段にしないといけません。
先述のとおり不動産を売り出してからも資産価値は目減りするものであり、適正価格も変わります。
売り出し開始から経過した期間に応じて、価格は都度見直す必要があります。
また、買主へ重点的にアピールするタイミングをしっかり見極めることも、早く不動産を売るためには大切です。
転居が発生しやすい春や秋は、購入意欲の高い買主が比較的多いため、売主にとって有利な季節です。
好機といえる時期に販売活動を積極的におこなうことで、うまく売れる可能性が高まります。
このほか、限られたチャンスをものにできるよう、売り出し物件の見栄えを良くしておくことも大切です。
とはいえ、外壁の塗り替えなどをする必要はありません。
室内・室外の掃除をしっかりして清潔に保つだけでも効果的であり、不動産が売れやすくなります。


まとめ

不動産の売却を終わらせるべき期限はとくにないものの、ご紹介したように長引くほど売主には不利な状況になっていきます。
不動産売却を長期化させないためにも、販売価格を柔軟に見直したり、物件をきれいに保つなどの対処法を覚えておきましょう。


お問合せはこちらから


弊社で自社での買取および売却仲介を積極的に行っております。

買換えや、相続、離婚などの際に不動産売却に関連して行う登記手続きや税務手続きなど様々な対応も専門のプロの方と連携して対応しておりますので、住替え等であっても売却から購入までワンストップで対応致します。

川崎区、幸区、鶴見区エリアの不動産売却に関するご相談は、アイナハウジングまでお気軽にお問い合わせください!


ご売却についてのご相談はこちらをクリック↓


弊社へのお問い合わせはこちら


ご売却の流れがよく分かるyoutube動画を作成いたしました!

ぜひご覧ください。




----------------------------------------------------------------------

株式会社アイナハウジング

住所:神奈川県川崎市川崎区貝塚2-5-18

電話番号:044-230-0480

----------------------------------------------------------------------